居合道 道場案内所 


剣術・居合術とはなにか

剣術とは「剣を使い相手を斬り倒す術」であり、居合術は「もしこんなケースだったら、剣を使って相手をどう倒すか」という術です。つまり「剣を使って相手を倒す」という広義の意味においては、居合術は剣術の一部に含まれます。

形の上で説明をするならば、剣術が「刀を抜いて対峙した状態で相手をどう倒すか」というところに主眼点を置いていますが、居合術は「刀を抜いて居ない状態のときに襲われたり、または刀を収めている状態の時に相手を襲うとき、どうするか」というところに主眼点を置いています。つまりその場に『居合わせたとき、どうゆう術(すべ)があるのか』というのが居合術です。

例えば「道を歩いていたら、いきなり斜め前にいる敵が斬りつけてきた。でも自分はまだ刀を抜いていない。」というような想定です。このような咄嗟の判断が求められるようなケースを普段から想定することで、自分の身を守る方法を訓練をする技が居合術です。

故に昔は、「剣術は表技(おもてわざ)、居合術は裏技(うらわざ)、両者表裏一体」として、各剣術道場で門外不出の技として居合術は稽古・伝承されてきました。


剣術の立会い

居合術の立会い

なぜ稽古をするのか

現代において、道を歩いていたら、いきなり刀で斬り付けられるようなケースは、殆どないでしょう。 では現代において「剣術・居合術」「剣道・居合道」を稽古することには、どんな意味があるのでしょう。
「居合」と「居合」という2つの言葉は、区別して使われています。

「術」は、選択肢の意味を持つ「すべ」(何々をする術)の他に、「技術」の「じゅつ」という意味も持ちます。つまり「やり方」です。「居合術」と書いたならば、それは上述した「”その場に居合わせたときどうするか”という技術面」を指しています。 現代において、剣術・居合術が現実の場面で役に立つことは少ないと思いますが、少なくとも「稽古」を通じて「体力・気力・反射神経・健康な肉体」など得られるものは多いでしょう。

一方で「道(どう)」は、「道路」つまり「みち」です。どんな道かといえば、それは「人生の道」を指します。 稽古をすることで、人生の道を通る過程を通じて、相手を尊ぶ、礼節をわきまえる、健康な体を鍛える、剣道や居合道を通じて歴史を学ぶ、など何かを学ぶのです。
「道路」というからには、そこには目的地があります。目的地を指し示すのは、その道場の「師範」です。皆さんはその師範が示す道を通じて、何かを得ようとするのです。

何を目指し、「術」を選択するのか、「道」を選択するのか、それはあなたの自由です。

居合と抜刀は何が違うのか

「居合術」の別名を「抜刀術」といいます。つまり元々は同じ意味を指す言葉です。

「元々は」というところに違いがあり、現代においては「居合」という場合は「技の形(かた)を稽古」、「抜刀」という場合「巻藁を斬る稽古」を指します。
つまり「抜刀術・抜刀道」という言葉は「巻藁を切る方法を主に稽古」を意味します。

当サイトにおいても、その意味合いで各道場様を紹介しています。

剣道を稽古されている方へ

もしあなたが現在、既に「剣道」を稽古されているのであれば、「居合」をやってみませんか?

おそらく一度や二度は「居合」の演武を観られたことがあるでしょう。もしかしたら「自分にも簡単にできそう」と思ったかもしれません。もしそう思ったことがあるなら、ぜひやってみてください。居合の動作は剣道とは違う部分の筋肉を使います。
平均約1kgの刀を大きく振りかぶってから斬る動作をすれば、加速度が付くので、瞬間的な重さは何十kgにもなります。それを止めるには竹刀の丸い柄ではだめで、刀の楕円形でなければしっかりと力が掛かりません。故に「居合」を稽古すれば、自然と「手の内」が良くなります。

またゆっくりとした動作の「形(かた)」を実現するには、それを支える「足腰」が必要になります。

もし想像がつかないようでしたら、1回の腕立て伏せを「ものすごくゆっくり」やってみてください。体を下ろすのに5秒、体を下ろした状態で5秒停止、体を持ち上げるのに5秒、、、こんな腕立て伏せをやったら腕がパンパンになるでしょう。

つまりそうゆうことです。ゆっくりとした「形(かた)」を実現するには、それなりの筋肉が必要になります。 これは剣道を通しては得られない筋肉です。

故に「剣術と居合術は表裏一体」つまり切っても切り離せない稽古だったのです。もし興味を持たれた方は、週一の稽古でもいいので、居合をやってみてください。

道場に入門する前に

居合・抜刀は「技能」の世界なので、『師弟関係』が非常に重視されます。
例えば初めに入った流派から別の流派に転向することは『流派換え』と言われ、非常に難しいことがあります。

したがって入門する前に複数の道場を見学させてもらい、納得をした上で入門することをオススメします。

なお居合道 道場案内所では、公平を期す為に、個別に『このサイトがオススメです』ということはしておりません。
各組織・各流派・各道場でそれぞれに考え方があり、何を持って良しするかは、ご自身で判断をお願いいたします。

共通して言えることは、「剣術・剣道」「居合術・居合道」「抜刀術・抜刀道」など何を習うにしても、一朝一夕で身につくものではありません。時間的・金銭的・体力的など総合して長く続けられることが重要でしょう。

※当サイトへのリンクは自由です。特に連絡する必要等はありません。
※当サイト内で使用されている文章・画像等の著作権は居合道 道場案内所に帰属します。無断使用等はご遠慮ください。
©2006-2018 居合道 道場案内所