居合道 道場案内所 


鵬玉会 東京城西支部 下高井戸道場ほうぎょくかい とうきょうじょうさいしぶ しもたかいどどうじょう

鵬玉会 東京城西支部 下高井戸道場
流派 無外流
所属 国際居合道連盟 鵬玉会
公式サイト https://mugairyu.net/03_01_nyumon_s2_...
種別 道場
稽古内容 居合
見学 事前連絡が必要
お問い合わせ こちらのページをご利用ください


鵬玉会 東京城西支部 下高井戸道場の紹介

「武道の根幹は強さである。ならば、居合の命は試し斬りと組太刀である」(武田鵬玉会長)
居合に今までなかった実戦を想定した稽古体系を作り上げつつある国際居合道連盟 鵬玉会。

無外流の形そのままの、抜き打ちによる試し斬り。あるいは実戦を想定した自由組太刀。そのルールを模索し、今では鵬玉会フルコンタクト居合ルールとして、全国大会を行えるまでになりました。

鵬玉会が全国組織だからこそできることです。

他支部でも稽古が可能です

国際居合道連盟 鵬玉会に所属をしていれば、他支部でも稽古が可能です。
転勤や進学しても続けることができます

国際居合道連盟 鵬玉会 本部道場と支部の一覧ページ

また鵬玉会は財団法人 無外流に参加しているため、鵬玉会の会員になれば、東京であればおよそ100の稽古場所中、ご都合のよい稽古場所で稽古できます。東京でなくても、近隣であればどこでも稽古可能です

第3回 鵬玉会杯 自由組太刀「H1」決勝戦



第3回鵬玉会杯 エキシビジョンマッチ「H1」


「武道の根幹は強さである。ならば居合の命は組太刀と試し斬りだ(武田鵬玉)」の理想の元、初の自由組太刀の戦いが行われた。 タイトルは、「鵬玉会幹部 最強」という意味で「H1(エイチ・ワン)」。

のどぼとけへの突き、金的攻撃以外ありで、当たれば負け、という過酷なルール。鵬玉会が支部長稽古会「鳳凰の会」で試行錯誤してきた、言わば「鵬玉会フルコンタクト居合ルール」だ。

それを仕切るのは、大古参幹部の熊本支部長でありながら、国際空手道連盟 極真会館の熊本大津分支部長の日野正人支部長。 彼は国内6万5千人の極真会館の公式審判委員の資格までも待つ実戦を知る男。 その鮮やかな審判テクニックも手伝い、どの勝負も技術の攻防がさらに声援を呼ぶ。

決勝は小堀栃木宇都宮支部長と、実戦では圧倒的に強かった小林福島支部長の対決。しかし、鮮やかな一本勝ちで、ホイッスルを鳴らした副審4名だけでなく、会場が歓声で総立ちになった。



Youtubeの鵬玉会チャンネルでは鵬玉会の様々な公開演武をご覧いただくことが出来ます。
https://www.youtube.com/channel/UC3AXGRSu5bGNpumH4sMDV5w

活動場所
  • 鵬玉会 東京城西支部 下高井戸道場

    下高井戸区民集会所
    東京都杉並区下高井戸3丁目3-26-1

    毎週 木曜日    19:00〜20:30

地図
地図を読み込んでいます...
※当サイトへのリンクは自由です。特に連絡する必要等はありません。
※当サイト内で使用されている文章・画像等の著作権は居合道 道場案内所に帰属します。無断使用等はご遠慮ください。
©2006-2020 居合道 道場案内所